emilog

Theてきとー女の雑記ブログ

母親に「なんで子どもが欲しかったの?」と聞いてみた

f:id:emilog:20171013201255j:image

つい最近、とっても仲の良い友だちに子どもかできて

嬉しいんだけどちょっと悲しくて複雑な気持ちなemiです。

 

結婚していたときもそうだったのですが

私は今だかつて「子どもが欲しい」と思ったことは一度もありません。

 

子どもができた後のデミリットと言うか

自分が我慢するものを考えるとメリットより上回ってしまうので

どうしても欲しいと思えないのです。

まぁまだ精神的に子どもなのでしょうが・・・

そんなこと言ったってそもそも相手がいないので

欲しいも何もないのですが・・・それはそれで悲しい😢

 

気付けば周りの友達は70%が結婚していて

そのうちの90%の人に子どもがいます。

 

みんな結婚したらふっつーに子ども産んでるけど

すげーなぁ・・って思うんですよね。

 

それでふと

うちの母親は

「どうして私を産んだのだろう」

「どうして子どもが欲しかったのだろう」

と気になったわけです。

 

だってあたりまえですけど

母親が私みたいに子どもが欲しいと思わなかったら

今の私はいないわけですからね。

 

 

ある日、お出かけの電車の中

聞いてみようと試みたんですが

なんだか怖くてなかなか言い出せない(笑)

 

うちの家族はいつもふざけていて真面目な話をしないんですよ。

なのでこういう話をするのはとても勇気がいる。

 

うーーーーーーー"(-""-)"

 

えいっ!!!!!(; ・`д・´)

 

emi「お母さんはさ~なんで子どもが欲しかったの?」

 

 

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

 

 

「え?できちゃったから」

 

 

めちゃめちゃシンプルーーーー( ゚Д゚)!!!!!!!

 

 

母「できちゃったら産むの当たり前だし、結婚したら子どもができるの待つの普通でしょうよ。」

 

emi「へ、へぇ~(;・∀・)」

 

そうなんだ!

そういうもんなんだ!!

みんなそんな深く考えて子ども作ってるわけじゃないんだ!!

知らなかった・・・・

 

でもでも

私と弟の年の差は6つ、妹との差は9つ

この年の差を考えると、どうしても子どもが欲しかったから作ったんだよねー。

 

母親はへそ曲がりの恥ずかしがりやで不器用。

本心をなかなか言わないので本当は他の理由もありそうだけど

これ以上突っ込むと面倒臭くなりそうだったのでやめときました。

 

 

以前、尊敬しているネイリストの方との話で

 

その方(結婚して数年経つ。年はその時で34歳)もまだまだ沢山やりたい事があるから

子どもは全く欲しいと思ってなかったけど、できたら産むかという感じで

頑張って子作りはしてなかったそうです。

 

が、今までできなかったのに突然できて

いざ産まれてきたら

「めちゃめちゃ可愛いよ!!自分のことなんか二の次でもなんてことはない!

 娘のことが一番だし、思い通りにならないことが沢山あって毎日刺激的だよ!!」

 

「自分の好きなことしてた時とは比べものにならないくらい毎日楽しいの♪」

 

「産んでよかった~♪」

 

って仰ってたんです。

それまで微塵も欲しいなんて感じさせなかったのに

すごい驚いたのを覚えています。

 

 

赤ちゃんができるもできないのもコントロールできるものじゃないし

世の中のことすべてそんなに考える必要はないのかもしれない。

 

考えて良い方を選択しているつもりでも

全て未来は今の自分にベストな状態(自分が悪いことだと感じても)でやってきている。

 

 

だから自分の心に正直に

    ↑これがなかなか難しい

 

そしてもともと備わっている「勘」や「本能」に従って

 

流れに身を任せて過ごしていくのが一番いいと思うのです。

 

 

良いことも

悪いことも

ジャッジせず

ただただ受け入れていく

 

 

すべては

『神の味噌汁』

 

神の味噌汁についてはコチラ↓↓勝手に拝借

ameblo.jp

 

 

気張らず

てきと~にいこうぜ~(-。-)y-゜゜゜